面接

会社が新たに人を採用する時には面接が必須です。面接をせずに就職活動が終わることは、ないといっていいでしょう。会社の一員として採用するかどうか決める時には、面接官は必ず面接をして、どういう人物かを見ます。定番の面接では、面接担当者が、採用を希望する人に質問をして、相手に答えてもらい、その答えを吟味するものです。就職活動をしている人は、就職面接の為の準備をする必要がありますが、何をどのようにするべきなのでしょうか。
面接に行く時に、一切準備をしないという方もいるようですが、ある程度の準備を整えておいたほうが成功度は上がります。定番の質問対して回答を準備しておく場合、ネットやマニュアル本の内容をそっくりそのまま回答するのは逆効果です。問題のない答え方は、相手の印象にも残らず、評価されずに終わってしまうということがあります。箸にも棒にもかからないような答えは意味がありません。
自己PRにつなげられそうな答えを意識することが面接では重要です。面接では、自己PRをすることを念頭に置く必要があります。自分のアピールポイントをしっかりと把握する事、さらにその仕事に対しても使えそうかどうかという事を考えましょう。面接を通じて、どういう能力を持っている人間で、どんなスキルがあるかをアピールします。面接の場でしっかりとした自己PRができるようにするには、これまでの経歴や実績を紙に書き出すなどして、自分の行いを振り返っておくことです。